湯地先生と

  • 2019.11.17 Sunday
  • diary
昨日は長年お世話になっている湯地先生家族とのお食事会でした。

 

いつもは台湾料理中心ですが、今回は和洋中の組合せで。

 

鹿児島からの隼人瓜の浅漬け。シャキシャキの食感です。

 

台湾の地瓜粉の衣の唐揚げ。

 

具だくさん。発酵した白菜の鍋。

 

ベトナムのバインミー。レモングラスの隠し味でとても好評でした。

 

じゃがいもとツナのサラダ、レモン汁とトリュフ塩。

先生は甲殻アレルギーなので。

 

35年間同じレシピのラザーニャ。

 

ウィニー流の簡単烏龍茶の香りの燻製。サワラ、ゆで卵、チーズ。

 

先生の研究分野一つ、今注目のアンチエイジングの話がとても面白かった。

運動と食事は一番大事です。サプリメントは自分次第かなぁと。


| 1/247PAGES | >>

search this site.

categories

selected entries

recommend

recommend

archives

links

others

mobile

qrcode