長女の誕生日をトゥールジャルダンで

  • 2019.02.13 Wednesday
  • diary

先日、長女悠莉の誕生日をトゥールジャルダンで祝いました。

私とクリス(長女の夫)とで考えたサプライズ企画でした。

 

大きいケーキを前に乾杯。

やはりトゥールジャルダンの料理はおいしいです。

 

持ち帰り用の小さめケーキを店がプレゼントしてくれました。


2月の料理教室

今年もはや2月になりました。

 

ところで台湾では豚肉を猪(肉)と書き表します。

だから猪年の今年を、つい「豚年」なんて言ってしまいます。

豚という漢字もありますが、これは生きた豚のこと。

ということで豚の親子を今飾っています。

 

 

 

小松菜入りシュウマイ

生徒さんのリクエストでシュウマイを作りました。

小松菜の緑色がきれいなシュウマイです。

 

 

厚揚げと魚の土鍋仕立て

バジルをたっぷり使った香り高い炒め煮。

 

 

湯引きレタス

さっと湯通ししたレタスをたれであえて。

 

 

野菜と春雨入り卵スープ

卵焼きをのせたスープです。

 

卵焼きの下から野菜たくさんのスープが。

 

 

焦がしバターしょう油うどん

バターしょう油であえた太うどん(今回は刀削麺を使用)。

好みのトッピングで。

 

 

麻花(マーファ)

今日のデザートはねった中力粉を薄く延ばして揚げたもの。

カリカリと香ばしく、つい手がのびます。子供のおやつにもいい。

 

飲み物は、生徒さんが輸入するモルドバワイン。

製法から「オレンジワイン」と呼ばれています。

白ワインの作り方で、皮と種を入れるのだそうです。

 

「中華料理に合うから」と持ってきてくださいました。

赤よりは白に近い、でも香りと渋みがある、新しい味わいでした。

 

使われている5種のぶどう品種のうち、3つがモルドバ土着の品種とのことです。


2019年最初の料理教室

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年初めてのお料理教室は、火鍋と餃子にしました。

 

 

火鍋は日本ではからい鍋のことですが、中華圏は違います。

火にかけながら食べる鍋料理は、すべて火鍋なのです。

だからすき焼きもしゃぶしゃぶも火鍋になります。

今日作ったのは、日本のようなからい火鍋です。

 

出たばかりの『dancyu 鍋もの』にも掲載しています。

 

薬膳火鍋

これだけの薬膳材料を入れます。

くこの実、なつめの実、陳皮、シナモン、花椒、八角、草果、クローブ、

しょうが、にんにく、クミンなどのミックススパイス...。体がポカポカになります。

全部揃わなくても大丈夫。

 

スパイス類をスープに入れて煮立て、しっかりエキスが出てきたらテーブルに。

 

最初は肉をしゃぶしゃぶでいただき、

 

次に野菜やきのこを入れていきます。

上の紫色の大きめの葉はハンダマ。

今日参加された沖縄の生徒さんが持ってきてくださいました。

水前寺菜、金澤では金時草(きんじそう)と呼ばれており、

台湾でも一般的な野菜です。

 

ごまだれと、もっとからくしたい人のためにラー油。

 

 

白菜と大葉と豚ひき肉の餃子

シンプルな具材の餃子です。

 

dancyuの編集長さんが餃子はごま油と塩こしょうで食べてもおいしいと

教えてくださり、さっそくやってみました。

餃子は鍋のしめにもおいしい。


34年前のパンナムで

  • 2018.12.01 Saturday
  • diary

1984年11月30日、パンナムで日本に来ました。

 

昨日で来日して丸34年です。

翌年初頭にパンナムは破産。航空会社としては初めての大型倒産でした。

往復で買っていた切符の、片道は使えなくなりました。

 

言葉はもちろんですが、日本のしきたりや文化を、

この34年でたくさん学びました。

思い返すと感慨深いものがあります。


孫の七五三

  • 2018.11.10 Saturday
  • diary

昨日9日、愛宕神社で孫の莉愛の七五三を執り行いました。

 

和服を着るのをとても楽しみにしていた莉愛は最初ちょっと緊張気味。

 

家族の写真を撮ってくれたのは次女のお婿さんのしょうちゃん。

 

莉愛と私と次女で。

 

年月が早く過ぎていきます。主人がいたらどんなに喜んだろうと思います。


| 1/80PAGES | >>

search this site.

categories

selected entries

recommend

recommend

archives

links

others

mobile

qrcode